様々なフレーバーを楽しめるvape!好みの製品を探そう!

様々なフレーバーを楽しめるvape!好みの製品を探そう!


vapeのメリット・デメリットと選び方

vapeは、ニコチンを一切含まない電子タバコなので、健康問題がなく安心して吸えるとして多くの人に愛用されています。禁煙対策として有効なアイテムと言えるでしょう。しかし、本体内部のリキッドを加熱して発生した蒸気を吸い込む方式のvapeは精密電子機器であり、日頃のメンテナンスが欠かせません。加熱用のコイルが空焚きして焦げ付くリスクもあります。一般的な吸い捨ての煙草より手間がかかるのです。ほとんどのvape用リキッドには、PGとVGという添加物が組み合わせて使われており、この混合比率によって、好みのテイストが決まると言って良いでしょう。

PGとはプロピレングリコールのことで、あっさりとしたテイストが特徴的です。蒸気が少なめで物足りないと言う人もいますが、煙草と同じような喉の感触を味わえるでしょう。VGは、蒸気が多く粘性が高い特徴を持つ植物性グリセリンを指します。初心者はPGの含有量が多いものを選び、濃厚な味わいを楽しみたい人はVGの濃い商品を選択することをおすすめします。

vapeのフレーバーの種類及び国産と外国産の違い

国産vapeのフレーバーは日本人好みのテイストなので、初心者には外国産より国産がおすすめと言えるでしょう。国産vapeに慣れてきたら、クゼの強い外国産にトライしてみるのも良いかもしれません。vapeのフレーバーには、甘さ控えめで煙草独特の苦みを彷彿とさせる商品や、蜂蜜の甘味に煙草の臭みを加えたものなど様々な種類があります。煙草のニコチンが与えてくれる喉へのインパクトを求める人には、メンソールの刺激を強くしたフレーバーも人気が高いでしょう。いずれもPGやVGの混合比率により好みの味わいに調整できます。

vapeのアメリカ製品は、日本製品よりもニコチンが含まれているタイプが豊富です。そのためタバコの代わりとして使用するのに適しています。