こんなにあったの?!壁面緑化で得られるメリットとは

こんなにあったの?!壁面緑化で得られるメリットとは


ヒートアイランド現象の軽減

都市部を中心に、ヒートアイランド現象による気温上昇が問題視されています。建物や道路など、コンクリートやアスファルトが多いと、表面の温度が上がってしまい、都市全体の気温が上がってしまうのです。壁面緑化を行い、このコンクリート部分を覆うことで、壁面の温度を下げる効果が期待できるようになります。

排ガスなどによる二酸化炭素を吸収

自動車の排ガスや工場の排煙などによる二酸化炭素の増加は、世界的にも問題となっています。植物は、二酸化炭素を吸収し、光合成を行って成長していきます。つまり、壁面緑化で植物を増やすことは、二酸化炭素の問題にも一役買い、空気を浄化する効果につながるのです。

リラクゼーション効果

建物の外観は、コンクリートやタイル、ガラスなど無機質なもので覆われています。その壁面を緑で覆うことで、リラクゼーション効果が期待できるようにもなります。

建物のオリジナリティ

壁面緑化を行う建物が増えてきたとはいえ、まだ全体的な数としてそれほど多くありません。そのため、壁面緑化を行っている建物は、とても強いインパクトを残すことができるのです。話題に上がりやすかったり、宣伝効果が期待できたり。壁面緑化を行うことで、その建物のオリジナリティを出して、さらにそれを活かせるようにもなるのです。

建物の劣化が軽減できる

通常、建物は紫外線や酸性雨など、自然界の刺激を受けることでどんどん劣化していきます。壁面緑化を行うことで、直接それらの刺激を受けることがなくなるため、その部分の建物はダメージを受けにくくなります。

壁面緑化をすることでヒーリング効果やリフレッシュ効果も得られるため、オフィスなどでも取り入れているところが増えていっています。