vapeってどんなアイテム?加熱式タバコとは違うの?

vapeってどんなアイテム?加熱式タバコとは違うの?


vapeとは電子タバコのこと

昨今では、タバコ関連の話題としてvapeが取り上げられたり、ネット通販でもvapeグッズがよく見受けられたりしますが、そもそもどのようなツールなのでしょう。vapeというのは、いわゆる電子タバコを指す言葉で、電子的に発生させた水蒸気を吸い込み、様々なフレーバーを楽しめるのが特徴のアイテムです。使い捨ての物から、カスタムをできる物まであり、自分好みにパーツを交換して楽しむというユーザーも少なくありません。見た目だけでなく機能性も変化させられ、例えば爆煙仕様にして水蒸気をたくさん発生させたり、水蒸気を使ったトリックをして楽しんだりするユーザーもいます。

加熱式タバコとは別物

巷には加熱式タバコを使う人が増えていますが、デバイスを使って楽しむという点では、vapeと似ているように感じるかもしれません。しかし、加熱式タバコとは全くの別物で、vapeにはタバコ製品に含まれるニコチンが、基本的には含まれていないのです。加熱式タバコはれっきとしたタバコであり、紙巻たばこと同類ですが、vapeは単なる水蒸気を吸い込むアイテムで、タバコとは区別された存在なのです。

健康面へのリスクが小さいのが魅力

加熱式タバコと違って、vapeは健康を害しにくいというメリットがあり選ばれています。有害物質であるニコチンは入っていないために中毒性もなく、安全性が高いと言われているのです。まるでタバコを吸ったような気分を味わうことができ、色々なフレーバーが提供されていることで味のバリエーションも幅広く、それぞれの好みに合わせて楽しむことができますよ。

見た目がスタイリッシュで、なおかつフレーバーも女性好みのものが充実していることから、ニコチンリキッドは若い女性の間で普及しました。